【株式】企業配当の復配・増配が相次ぐ

時事通信社の報道によると、上場企業の2010年9月中間決算で復配・増配の動きが相次いでいます。

東証1部上場の1316社を集計したところ、復配企業61社、増配企業が232社で、配当総額も前期9月末と比較し13%増えました。

去年はリーマン・ショックの余波で赤字計上企業が増えるなど、中間配当を見送る企業が続出しましたが、今期は業績が回復し、特に三菱商事など大手商社で大幅増配が目立っています。

定期預金金利が低迷する中、ある程度のリスクが取れるのであれば、割安・利回りの良い株式の購入を検討してみるのも良いかもしれませんね。

このブログの人気の投稿

定期預金 金利 ランキング(2018年2月号)

【りそな銀行】りそな冬のぬくもりキャンペーン